2015年5月17日日曜日

税金や公共料金をクレジットカードで支払いたい時、nanacoという選択肢があった。


自動車税や固定資産税などの税金の支払いって、支払い用紙で届きますよね。
結構な額なので現金払いではなく、クレジットカードで支払えればと思っていたら、ちゃんとそんな方法があっていろいろな方がブログにまとめられていました。

まず、『Yahoo!公金支払い』に対応していれば、クレジットカードが利用できますので、yahooにログインしてWeb手続きで支払うのが良いです。水道代などの公共料金も支払えます。

ただし、Yahoo!公金支払いに対応していない自治体も多いので、その場合にはnanacoを使用します。 セブン-イレブンで支払うことができるので、クレジットカードからnanacoにチャージすることで、クレジットカードのポイントをGetすることができます。

私はモバイルnanacoにチャージをして支払いをしました。
ただ注意点が3つありましたので、それをまとめておきます。

20150418161427

注意点

①nanacoのポイントはつきません

今回はクレジットカードのポイントをGetするのが目的です。nanacoでの支払い時にはnanacoのポイントはつきません。
そのため、nanacoに現金でチャージしてしまうと、あまりメリットはありませんので、ご注意を。


②nanacoへのチャージに対応しているクレジットカードを使用してください。還元率も要注意です。

nanacoへのチャージに対応しているクレジットカードを使用してください。 またそこで安心せずに、クレジットカードのポイントがつくかどうか、還元率を確認してください。還元率が低かったり、チャージはできてもポイントがつかないクレジットカードが結構存在します。

こちらのブログにまとめられています。参考にさせて頂きました。

【激得節約術】nanacoクレジットチャージのやり方徹底解説!公共料金支払いでポイントをもらう方法!対応クレジットカード、上限など | ひたすら節約ブログ - 貯金につながる節約術


 

昨年、多くのクレジットカード会社でnanacoのチャージ還元率を改悪しているようです。
ちなみに私がメインで利用しているLifeカードの場合は、通常より還元率が0.5%です。お誕生日月のボーナスポイントもありません。

2014年12月4日(木)よりすべてのライフカード(Visa・MasterCard・JCB)にて「nanacoチャージ」がご利用できるようになりました!
もちろんクレジットチャージご利用分についても、サンクスポイントの付与対象(*1)となります。
(*1)クレジットチャージでのサンクスポイント付与は、1,000円につき0.5ポイント、お誕生月ポイント等のボーナスポイントは付与対象外となります。
nanacoチャージでサンクスポイント山分けキャンペーン|クレジットカードはライフカード

⇒ 2016年4月現在では、Lifeカードの還元率はさらにダウンして0.25%のようです。

 

③nanacoにチャージできるのは5万円まで。

nanacoカード、またはnanacoモバイルにチャージできる上限額は、50,000円です。

また、1回で、クレジットチャージできる金額は、5,000円以上、1,000円単位で29,000円迄です。

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : チャージの方法

 

固定資産税などは、一括払いと4回分割払いが選べますが、分割払いの1回の額が5万円以内であれば、nanacoで支払いができます。
※ちなみに5万円以上でもnanacoで支払いをしている人もいるようですが、レジでいろいろ手続きが必要みたいです。

nanacoの準備ができたら、あとはセブン-イレブンに支払い用紙をもって行き、「nanacoで支払い」と伝えるだけです。驚くほど簡単に手続きができます。

 

参考ですが、楽天カードはJCBブランドであれば、nanacoチャージでも還元率1.0%でポイントがつくそうです。

興味のある方はご確認ください。


 

【注意】税金の支払期限やクレジットカードの上限額には注意が必要です。ご利用は計画的に。

以上、参考になれば幸いです。

2014年7月4日金曜日

Kakeibonからマネーフォワードへの切替


家計簿ソフトは使っていますか?
銀行やクレジットカードの口座と連動して、自動で家計簿を入力してくれるクラウドサービスが便利です。
下記の記事のように私はこれまで「Kakeibon(旧OCN家計簿)」を使っていました。
No.015-これなら続く!? 家計簿による支出管理 ~ 徐々に上達!
しかし、OCNでIDとパスワードの流失があってから、ログインの認証画面が増えて操作がちょっと面倒になったため、「マネーフォワード」に切り替えてみました。

無料家計簿 - 家計簿アプリ・資産管理も充実|マネーフォワード
結果としては、画面が見やすくて、機能も豊富なため、切り替えて正解でした。



2013年11月11日月曜日

No.028-保険の見直し

毎年、この時期になると年末調整の書類の手続きで慌ただしくなりますね。

私も保険会社からの書類が全部揃っているのか、前回どのように書いたのかなど、以前は手間取りましたが、 Evernoteに記録を残したり、書類をスキャンしておくことで慌てずにすむようになりました。

そこで今回は保険についてのお話です。

①生命保険

私はすでに長期の契約を結んでいるので当面見直しはしませんが、もしいまから長期契約を結ぶのであれば、「Lifenet生命」に関心があります。

インターネット販売により、人件費や宣伝費、事務所費用を削減しており、数年前から継続的にメディアに取り上げられているからです。

いまから生命保険に加入する人は選択肢の一つに加えてみてください。

ライフネット生命保険 - 人生に、大切なことを、わかりやすく。

20131107225840

 

②個人年金保険

個人年金は年末調整により控除を受けられるので、私は加入したほうが得だと考えています。
計算式は、契約内容や所得によって異なりますが、毎年数千円の節約になるはずです。

生命保険と違って、支払ったお金は老後に戻ってくるので、貯蓄の延長として考えれば良いでしょう。

■参考にさせて頂いたブログ(ありがとうございました。)
http://xn--nckg3oobb8486bn6bi79bgv0h.com/koujo.html
http://money.excite.co.jp/special/rid_E1321233190071/
個人年金保険は年末調整の控除を考えるとお得?実際の検証結果 ...

③自動車保険

年末調整とは関係ないですが、自動車保険の満期が近づいたので、保険を見直してみました。

これまでインターネット保険のSony損保に加入しており、年間7~8万円のプランにしていました。
幸いにも事故でお世話になることはありませんでしたが、もし他で安くなるならとネットで見積をしてみたところ、 イーデザイン損保では5~6万円のプランになりました。
契約内容にどこまで差があるのかはわかりませんでしたが、切り替えてみようかなという気になりました。


以上、参考になれば幸いです。

2013年9月21日土曜日

No.015-これなら続く!? 家計簿による支出管理

節約を続けるには、なんといっても記録をつけて、分析すること。
そのためには家計簿の入力が必要ですが、めんどくさくて続かないですよね。

そこでオススメなのが、OCN家計簿!      http://kakeibo.ocn.ne.jp/

image

次の設定で簡単に毎月の支出を管理できます。

①OCNのアカウントを作って、家計簿の利用登録をする。(無料)

②ご自分が利用している「銀行口座」、「クレジットカード」、「電子マネー」などの情報を登録して、連携させる。
・これにより、お金の動きがあると、自動的にOCN家計簿に反映される。

③現金で支払った分は、ZAIMのアプリを用いて入力する。 これも自動的にOCN家計簿に反映される。
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.zaim.android
・レシート読み取り機能もあります
image

④月に一度、分類や重複分の整理をする。
  ・クレジットカードの明細と銀行からの引き落としが二重計上されたりするので、チェックマークから未反映を選択する
・分類は一度設定すれば、次回からは自動的に仕訳される。

■注意点
・電子マネーのSuica、モバイルNanaco、Edyなど、連携できないサービスもあります。

・OCNは今年の8月にIDとパスワードの流出がありました。私もすぐにパスワードの変更を行いましたが、 そもそもクラウドでの家計簿管理に懐疑的な人にはこのサービスはおすすめできません。
<関連記事>
リモートから機器調査を実施、個別に対応を依頼へ:OCNでの不正ログイン、パスワード流出の原因はロジテック製ルータの脆弱性 - @IT


・8月「OCN家計簿」以外にも、競合サービスとして「マネーフォワード(MoneyForward)」、
「マネールック(MoneyLook)」というサービスもあるようです。興味のある人は比べてみてください。
こちらのブログを参考にさせて頂きました。
http://d.hatena.ne.jp/lacucaracha/20130818/1376832539


とりあえず記録をつけておけば、いつか整理をして、分析しようと思う時が来ると思うので、
まずは1ヶ月分だけでも付けてみてください。

以上、参考になれば、幸いです。


2014年7月に記事を追加しました。
Kakeibonからマネーフォワードへの切替

 

 

2013年9月5日木曜日

No.010-Google Adsenseの審査通過

2013年7月1日よりbloggerのサービスを用いてブログを開設してから2ヶ月、ようやくGoogle Adsenseの審査が通りました。

その間、ブログに掲載したのは、記事9つ、挨拶文1つ、運営報告3つ という実績でした。

1次審査通過後、自分で透明な広告を掲載しないといけなかったのですが、1週間ぐらい何もしなかったので、もうちょっとスタートを早めることはできたと思います。

★Google Adsenseの規約を確認しました。

・自分でクリックしたり、ブログ訪問者にクリックをうながすのは禁止。違反をするとアカウント停止になる

・収益の明細を公表することは禁止だが、「お客様は Google が本プログラムに基づいてお客様に支払った合計金額 については正確な金額のままであれば開示することができます。」とあり、口座に入金された金額は公表可


★上記を踏まえて、運用ルールを決めました。

・このブログでは、Google Adsenseでの収益結果を公表していきます。
    売上の10%は慈善団体に寄付、40%は実家に仕送り、50%を自分のために使っていきます。

・Google Adsenseの広告は、このサイトだけではなく、私が運営している他のブログやパスワード付きのホームページにも掲載できるようなので、そちらにも掲載していきます。

・アフィリエイトとしては、amazonアソシエイト、A8.netも利用します。それぞれの規約にしたがって、収益結果を公表します。


まだ下記の通り、アクセスがほとんどないので、ブログ開設から1年間で記事を150ぐらいまで増やして、どのぐらいアクセスと収益になるかを検証してみたいと思います。

なお、bloggerの管理画面には、ブログの投稿やレイアウトの編集だけでなく、Google Adsense(収益)、Google Analytics(統計)も含まれているので、便利だと思います。
image

以上、参考になれば幸いです。