2017年2月23日木曜日

スマホ買い換えの検討

 

今回はスマホ買い換えについての記事です。

現在利用しているスマホ(富士通 ARROWS NX F-06E )を約3年半使用してきたこともあり、バッテリーがへたってきたことから、スマホの買い換えを検討しています。しかし、AndroidのSIMフリー端末で私が理想とする「おサイフケータイ」、「指紋認証」、「電池パック交換」のすべてを備えた機種はありませんでした。

買い換えをみあわせようかと思いましたが、ちょうど2017/2/20(月)に『NuAns NEO [Reloaded](ニュアンス・ネオ・リローデッド)』という機種が発表されました。

約5万円という価格でしたが、かなり魅力的に感じたため、オンラインサイトで5月購入に向けてすぐに予約してみました。とても楽しみで、待ち遠しいです。

この機種の魅力と、この機種の購入に至った経緯をまとめておきます。

予約した『NuAns NEO [Reloaded]』について

デザインやスペックを確認したら、すぐに欲しくなりました。こちらの記事に詳しく書かれています。

トリニティ、700通りのデザインを楽しめるAndroidスマートフォン「NuAns NeoReloaded」を正式発表

NEOの魅力は「全部入り」なのに「素のAndroid」

 

image


 

スペック

スペックは次の通りで、不満な点はありません。

http://neo.nuans.jp/reloaded/spec/

魅力的にうつったポイントを記入しておきます。

機能 詳細 ポイント
サイズ(H × W × D) 141 × 74 × 11mm
サイズは手ごろで、着せ替えができるデザインがGood
重量 TBA
OS Android 7.1
いまスマホがAndroid 4.2.2で、非対応のアプリがあるので、最新OSはありがたい。
CPU Snapdragon 625(MSM8953) 悪くなさそう
メモリとストレージ 内蔵 3GB RAM / 32GB フラッシュ
外部 microSD(最大 1TB対応(UHS-I 3.0))
内蔵メモリは3GBあったほうが良いみたいなので、これはありがたい。
microSDも1TBまで対応ってすごいなぁ。
SIMカード micro-SIMスロット(nano-SIMアダプター同梱) 最近の機種はnano-SIMが多い中で、現行スマホがmicro-SIMで付け替えればすぐに使えるのでとてもありがたい。

対応バンド

2G    (Quad band)

3G    (W-CDMA):1/3/5/6/8/9/19 42Mbps/5.76Mbps

4G LTE    1/3/4/5/7/8/9/12/17/
18/19/26/28 Cat.4、最大150Mbps VoLTE対応

どのキャリア、どのMVNOでも使えるようです。

ディスプレイ

メーカー シャープ製
サイズ 5.2 インチ
ピクセル数 1920 × 1080
画素密度 428ppi

カバーガラス

Dragontrail Pro®、防指紋フッ素コーティング

カメラ

メーカー    ソニー製

■メインカメラ
1,300万画素
F2.0
裏面照射型センサー
像面位相差オートフォーカス
28mm広角レンズ

■インカメラ
800万画素
F2.2
裏面照射型センサー
オートフォーカス
24mm広角レンズ

標準的
防塵/防水

防塵防滴規格:IP54(防塵(IP5X)、防滴(IPX4))

おサイフケータイ 対応

これが本当にうれしい!
SIMフリースマホでの先駆けです。

NFCリーダーライター 対応
指紋認証センサー 対応 使い始めると手放せない機能です。
カードポケット クレジットカード1枚収納 ツートンデザインだからこそできるお得な機能
ストラップホール 対応 スマホ落下防止のため、ストラップにリングを付けているので、とてもうれしい。
電池容量 3,450mAh 電池パックの交換は依頼ベースになるけど、大容量でありがたい。
連続通話時間 TBA(想定仕様:1,380分以上)
最大待ち受け時間 TBA(想定仕様:335時間以上)
Bluetooth バージョン4.1 BLE対応
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz帯 テザリング対応 現行スマホではテザリングがdocomoの仕様でできないので、ようやく解放されます。
テザリング 対応(USB, Wi-Fi, Bluetooth)
スピーカー数/マイク数 スピーカー × 1 / マイク × 2(ノイズキャンセルマイク含む)
FMラジオ 対応(ワイドFM対応) ※要ヘッドフォン挿入
搭載センサー 3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー、3軸地磁気センサー、近接センサー、環境光センサー、ホールセンサー ポケモンGoもできるなぁ。
ポート USB Type-C(USB 3.0 / OTG、Quick Charge 3.0サポート)、4極ヘッドセットジャック(CTIA) USB Type-Cが何気にうれしい。

本体素材

難燃性PC

付属品

USB 2.0 A-Cケーブル(1m)
nano-SIMアダプター
クリーニングカード
ユーザーガイド(保証書)

 

オンライン予約特典


2017年2月20日(月)〜3月31日(金)までに次のページからオンライン予約してアンケートに答えると、もれなくTWOTONEカバー(上下セット)もしくはFLIPケースがもらえます。興味を持った方は早めに手続きしたほうが良いですよ。

http://trinity.jp/free/reloadeddebutcampaign.html

 

テレビ視聴はなし

  ワンセグやフルセグの機能はありませんが、もともとほとんど使用していなかったので不要であり、今後は現在のスマホ「ARROWS NX F-06E」を部屋において、フルセグ専用の機器にしようと思います。

 

価格

49,800円という価格で、SIMフリーの機種としてはちょっと高めかもしれませんが、それに見合うスペックと思います。

また次のように、スマホ買い替えに向けて事前に調査をしていて良い機種がないと感じており、端末購入代が5~6万円となってもDocomoに戻るよりはお得と判断していたので、すぐに購入の決断ができました。 

 

端末確定までに事前に調査していたこと

 

過去の記事

これまでのスマホに利用状況については次の通りです。 

・2013年8月に10年間利用していたauに見切りをつけて、DocomoのスマートフォンへMNPで機種変更し、「ARROWS NX F-06E」の利用開始
<参照>
007-スマートフォンの購入

・2015年8月にDocomoの二年契約縛りが一旦終了となるので、2015年9月よりdmm mobileに切替。
<参照> MVNOへの切り替えで節約(DMM mobile) ~ 徐々に上達! (IT Trial Labo)

・1年半、dmm mobileの「シングルコース 通話SIM 5GBプラン 基本料金:2127円」で運用して現在に至る。

 

「ARROWS NX F-06E」で電池パック交換は断念

「ARROWS NX F-06E」を約3年半使用してきたこともあり、バッテリーがへたってしまい、カメラでの撮影中に再起動がかかったり、40%を切ると不安定になってきました。

このスマホには、おサイフケータイ、指紋認証、フルセグ、防水、FMトランスミッターなどの機能があり、まだ中古市場でも全部入りのスマホとして人気のある機種のようなので、私も使い続けるつもりでした。

ただ、電池パックが内蔵タイプ であるため、バッテリー交換について、Docomoショップに相談にいったところ、電池パック代8000円と別途工賃、さらに壊れているところはすべて修理することになるため、6万円ぐらいかかる可能性があると言われました。また、データは初期化されてしまいます。
ただ単純に電池パックを交換したいだけなのに、とても不便ですね。

さらに、スマホを1ヶ月ぐらい預けている間は、別のスマホのレンタル(dmmのいろいろレンタルで4000円ぐらい)も必要となり、おサイフケータイの移行を何度も繰り返すとなると面倒なので、買い換えたほうがいいと考えました。

そこでSIMフリースマホの購入を検討しました。

 

SIMフリースマホで良いのがなかった

AndroidのSIMフリースマホで、まず「電池パック交換」が簡単にできるものを探したのですが、海外製に限られ、そうなると「おサイフケータイ」が使えないことがわかりました。さらに、「電池パック交換」が簡単にできるものは「指紋認証」ができませんでした。また、「おサイフケータイ」が使える日本製のSIMフリースマホは、電池パックが内蔵型で「指紋認証」ができませんでした。

その中でも、2017年02月21日に発表された『HUAWEI nova lite』は、 5.2インチフルHD/Kirin655/3GB RAMで19,800円と格安で魅力的ではありました。ただ、「指紋認証」はあっても「おサイフケータイ」や「電池パック交換」ができないため、断念しました。

1万円台で5.2型フルHD液晶、指紋センサーを搭載――「HUAWEI nova lite」【更新】

 

海外製のスマホで「Android pay」を使えるようにしたり、スマホとbluetoothで連動して「おサイフケータイ(felica)」が使えるスマートウォッチが普及するにはまだまだこれからのように思いました。

そこで、「電池パック交換」はあきらめて、「おサイフケータイ」と「指紋認証」が使える機種にしぼることにしたのですが、SIMフリースマホではみつからないので、DocomoにMNPで戻ったらどうかと試算してみました。

 

MNPでDocomoに戻った場合も魅力なし

DocomoにMNPをすると、「おサイフケータイ」と「指紋認証」が使える最新のスマホが16,000円程度で買えるのですが、通信費が高すぎることがわかりました。

端末代を含めて、2年間で月々6,000円ぐらいになるので、現状のスマホを使い続けるより毎月4,000円ほど高くなり、2年間トータルで96,000円も余計にかかってしまいます。データ通信料も2GBに少なくなってしまうし、また2年縛りに戻るのも嫌なので、Docomoに戻ることはすぐにあきらめました。

なお、次のニュースの通り、2017年の6月ぐらい(?)に、キャリアの通信料を安くするために、スマホ端末の値段があがるようですね。電池パック交換がスムーズにできないため、スマホ端末を購入する需要はあると思うのですが、スマホ端末の値段があがったら、簡単に買い替えもできないのも困るし、通信費が高いのも問題があるし・・・。今後もSIMフリースマホやMVNOへの移行の流れは止まらないと感じました。

スマホ価格は再度値上がりへ 休日「実質0円」もNG

 

結論

Docomoに戻っても2年間で約10万円高くなるなら、気がすすまないけれど中古スマホを買うしかないかなぁと思っていたところ、『NuAns NEO [Reloaded]』の発売のニュースを目にして、端末が5万円でもこれはいいなとすぐに予約することにしました。

「おサイフケータイ」と「指紋認証」は使い始めるとやめられない機能なので、今後、SIMフリースマホでも使える機種がどんどん増やていくのではないかと思います。海外メーカーさんにも期待しましょう。

 

 

 

今後の記事の予定は・・・

今後は次のような記事の更新を予定しています。

http://it-setsuyaku.blogspot.jp/p/blog-page_18.html


以上、参考になれば幸いです。

 

2017年2月18日土曜日

LEGOのカタログがすごい

前回、LAQのブロックを紹介したので、今回はLEGOを紹介します。

レゴランド

最近では映画がヒットして、テレビ東京系でアニメも放送しており、おもちゃ屋さんではLEGOの売り場面積が日本のヒーロー達を凌ぐ勢いです。2017年4月には、お台場のレゴランドに続き、名古屋にも新たなレゴランドが誕生します。

image

 

LEGOカタログ

おもちゃ屋さんで無料でもらえるカタログがすごいです。

アプリをダウンロードして、カタログを覗くとアニメーションが始まるのですが、完成度が高くてびっくりしました。

image

LEGOのとびだすカタログがすごい - NAVER まとめ

 

気になる方は、パソコンやタブレットでカタログをダウンロードして、そこにスマホのアプリをかざしても代用できます。

カタログはこちらのサイトに2017年版が掲載されています。

レゴ製品カタログ 2017年度<1月〜6月>がインターネットで閲覧&ダウンロード開始!発売予定まとめ

 

 

LEGOのレンタル

2015年11月20日付の日経MJの記事で、アメリカではレゴのレンタルが流行っているというニュースがありました。

レゴレンタル、米でブレイク ブランド価値高める役目も (三浦茜)

 

日本でもそのうち流行るでしょうか。

ちょっと検索してみたら、次のサイトでは、小さい子向けのレゴデュプロのレンタルをしているようです。

http://www.relash.jp/index.html

image

 

我が家のLEGO事情

気が付けば我が家にも結構な数のLEGOがあり、息子はその中でも誕生日プレゼントとして買った「ポリスステーション」がお気に入りです。

ただ、最近はLAQに興味がうつっているので、『メルカリ』のサービスを使って、少し減らそうかなと思っています。

image

 

そういえば、最近のテレビマガジンにLEGOのプレゼントが毎回掲載されており、我が家も5000円相当のものが当たったことがあります。

当選人数が多めなので、ねらい目です。Legoは太っ腹ですね。

 

2017/7/1追記

 

Legoのパーツをなくしたときにパーツ単位で販売してくれるお店がありました。

まだ使ったことはないですが、いずれお世話になるかもしれません。送料は450円のようです。

レゴ・ブロックの専門店:ホビーショップ・デジラ

http://www.dgla.jp/shop/

 

 

以上、参考になれば幸いです。

2017年2月16日木曜日

LAQでヒーローを作成

 

6才の息子がLAQ(ラキュー)にはまっています。

LAQにはカーブしたパーツがあって、ふつうのブロックやLEGOよりも立体的なものが作れます。

私は設計図を見ても間違えてしまうレベルですが、息子は完成型をイメージしてどんどん作っていき、出来上がったらすぐに壊して新しい作品に取り組んでいます。

先週の2017年2月12日(日)より始まった『宇宙戦隊キュウレンジャー』についても、テレビマガジンの写真をみながら作っていました。

image

 

イメージ

image

 

 

これ以外の作品も沢山つくっているので、載せておきます。

 

ウルトラマン

 

image

image

image

 

仮面ライダー

 

image

 

LAQは日本生まれのおもちゃで、大きめの本屋さんには、お試し品が置いてあったりします。

ヒーローもののLAQの本もでています。

               

 

 

以上、参考になれば幸いです。

2017年2月15日水曜日

Google Adsenseからの初入金


ひさしぶりのブログ更新となります。
「Google Adsense」のアフィリエイト報酬において、支払い下限の金額をようやく越えましたので、今回初めて口座に8,197円が入金されました。2013年7月1日よりブログを開始してから約3年半、長くかかりましたが、素直に嬉しいです。
clip_image001
 
本ブログの記事数は全部で126件と少な目で、昨年は6件しか記事を書いていない状況であり、直近のブログ更新が半年前なので、入金までに時間がかかったことは、まぁしょうがないと思っています。
 
100件ぐらいまでは一生懸命、記事を増やしつつ、ブログのカスタマイズを模索し、検索結果に表示されるようになってきたら、ちょっと文字数の多い記事を書くようにして、あとは少しずつアクセスが増えるのを待っているような運用となっていました。今後はもっと更新頻度を増やしたいと思います。
 

稼ぎ頭の広告は・・・

トップページのタイトルの下にある「横長のバナー」が一番の稼ぎ頭でした。一番目にする機会が多いためだと思います。
image
 

他のブログの貢献度は・・・

こちらのサイトも運営していますが、収益の貢献度は20%ぐらいでした。今後はこのサイトももう少し力を入れていきたいです。
GQueuesを使ってみよう!

人気の記事は・・・

アクセス数の多かった記事のベスト3は次の通りです。アクセスしていただき、ありがとうございました。
Evernoteのローカルノートブックを活用する
日経テレコン21 ≪丸三証券版≫で日経新聞を無料で購読。とても便利で重宝しています。
OneNoteで行うタスクの履歴管理
 

寄付は・・・

収入の1割は毎回寄付するとブログ開設当初に宣言しておりましたので、初心を忘れることなく、「Yahoo!ネット募金」を用いてTポイントで寄付させていただきました。
clip_image001[5]
 

今後の記事の予定は・・・

今後は次のような記事の更新を予定しています。
http://it-setsuyaku.blogspot.jp/p/blog-page_18.html
 
以上、参考になれば幸いです。