2013年9月21日土曜日

No.015-これなら続く!? 家計簿による支出管理

節約を続けるには、なんといっても記録をつけて、分析すること。
そのためには家計簿の入力が必要ですが、めんどくさくて続かないですよね。

そこでオススメなのが、OCN家計簿!      http://kakeibo.ocn.ne.jp/

image

次の設定で簡単に毎月の支出を管理できます。

①OCNのアカウントを作って、家計簿の利用登録をする。(無料)

②ご自分が利用している「銀行口座」、「クレジットカード」、「電子マネー」などの情報を登録して、連携させる。
・これにより、お金の動きがあると、自動的にOCN家計簿に反映される。

③現金で支払った分は、ZAIMのアプリを用いて入力する。 これも自動的にOCN家計簿に反映される。
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.zaim.android
・レシート読み取り機能もあります
image

④月に一度、分類や重複分の整理をする。
  ・クレジットカードの明細と銀行からの引き落としが二重計上されたりするので、チェックマークから未反映を選択する
・分類は一度設定すれば、次回からは自動的に仕訳される。

■注意点
・電子マネーのSuica、モバイルNanaco、Edyなど、連携できないサービスもあります。

・OCNは今年の8月にIDとパスワードの流出がありました。私もすぐにパスワードの変更を行いましたが、 そもそもクラウドでの家計簿管理に懐疑的な人にはこのサービスはおすすめできません。
<関連記事>
リモートから機器調査を実施、個別に対応を依頼へ:OCNでの不正ログイン、パスワード流出の原因はロジテック製ルータの脆弱性 - @IT


・8月「OCN家計簿」以外にも、競合サービスとして「マネーフォワード(MoneyForward)」、
「マネールック(MoneyLook)」というサービスもあるようです。興味のある人は比べてみてください。
こちらのブログを参考にさせて頂きました。
http://d.hatena.ne.jp/lacucaracha/20130818/1376832539


とりあえず記録をつけておけば、いつか整理をして、分析しようと思う時が来ると思うので、
まずは1ヶ月分だけでも付けてみてください。

以上、参考になれば、幸いです。


2014年7月に記事を追加しました。
Kakeibonからマネーフォワードへの切替

 

 

2013年9月16日月曜日

ブログの運用状況(2013/9/1~2013/9/15)

ブログの運用状況(2013/9/1~2013/9/15)
2013/9/1~2013/9/15までのブログの運用状況を報告します。
累計1000ページプレビューを超えました。
■実施したこと
①アフィリエイト関連
  Google AdSenseの審査がようやく合格しました。
  自動的に広告が表示されています。
 
  私の管理している他のサイトにも設定しようとしましたが、そこでも審査がありました。

  ●Xoops Cubeで作ったサークル共有用のサイトは審査におちてしまいました。
  サイトにはパスワード管理の設定をしているので、審査申請前にちょっと手順にとまどりましたので記入しておきます。
  
   ・[Google Adsense]にログイン ⇒ アカウント設定 ⇒ 広告の表示を許可したサイトに追加
   
   ・パスワード管理をしているので、あわせて、
    [Googleウェブマスターツール」に登録し、[クローラアクセス」を設定
  記事が足りないことが原因なので、もう少し立ってからまた申請してみます。

  ●このサイトと姉妹サイトの「diigozby.hatenablog.jp/」は審査に通りました。
          
  「hatena、twitter、Facebook」ユーザとShareするためのリンク集サイトなんですけど問題なかったようです。
   早速サイドバーに登録しました。
②サイト設定
 トップページのヘッダーにカテゴリを追加しました。
 2段目は準備中です。

■今後やりたいこと
 ・twitterでフォローとフォロワーを100名以上にしたいです。
  英語圏の外国人とも繋がっていきたいです。

No.014-スマホ通信費の節約③(キャリア契約なしでの運用)

2013年8月に新しいスマホ(docomo ARROWS NX F-06E)に機種変更しました。
ランニングコストは、1ヶ月~13ヶ月までは毎月2,500円ぐらいであり、14ヶ月~24ヶ月は毎月3,250円ぐらいです。

節約に関しては、最初の契約がすべてで、ここから2年間はほぼ何も手をうつことはできませんが、 最善は尽くせたと考えています。

ただ25ヶ月目からは、毎月の端末補助代の2,966円がもらえなくなり、約6,250円ぐらいに ランニングコストがあがってしまいます。そこで25ヶ月目からの運用を考えています。


まず、2年後もこのスマホは性能面やバッテリーの面でも問題無いと思うので利用し続けるつもりです。
新しいスマホにMNPするには、ちょっと初期費用が高すぎるためです。

そしてキャリア(docomo)のパケット契約は終了して、安い定額パケットサービスに移る予定です。


(1)Wimax等のモバイルルータの活用
  kakaku.comなどでは月額2,000円以内で、WiMAXの回線が契約できると紹介されています。
  これならば、月4,000円ぐらいは節約できます。

  WiMAXはデータ量の制限がなく、タブレットなどの機器も同時に接続できるのがメリットです。
  今後はWimax2というより高速なWiFiサービスの開始が予定されています。

  ただし、常にスマホのWiFiをOnにして、WiMAXルータをセットで持ち歩くことになり、
  両機器のバッテリーを気にしないといけないので注意が必要です。

image

■参考
なお、WiMAXモバイルルータは海外では利用できません。
海外用のモバイルルータをレンタルすれば、スマホをそのまま海外に持って行って高額なパケット通信を利用するよりもお得です。
ただし、3日間でデータ量が200MBを超えると、レンタル会社に連絡して追加料金を払わないと、それ以降利用できなくなるといった制限があります。
そのため、LINEやSKYPEによる音声通話は非推奨となっています。


(2)MVNOサービスの活用
MVNOとは、wikipidiaによると「Mobile Virtual Network Operator, MVNO」は、携帯電話やPHSなどの物理的な移動体回線網を自社では持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、自社ブランドで通信を行う事業者のことです。
データ量が2GBなど通信制限がありますが、月額2,000円程度とかなり安いです。
私もMVNOは使ったことがないので試してはいないですが、docomoの通信網を使ったサービスで、docomoのスマートフォンであれば、SIMカードの規格が同じなので、SIMカードを差し替えれば使えるようです。
(auではスマホでは利用不可で、SoftbankのスマホはSIMカードのロック解除が有料)

■参考
「BIC SIM powered by IIJ」は、NTTドコモのLTEネットワークを借り受けて提供される、IIJのMVNOサービスをベースにしたSIMカード商品。標準タイプのSIMカードとmicroSIMカードのどちらかを選んで購入する。下り最大112.5Mbps(一部エリア)のデータ通信が利用でき、音声通話は利用できない。あわせてワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する公衆無線LANサービス「Wi2 300」も追加料金なしで利用できる。

詳細) ビックカメラ、無線LANも利用できるIIJのオリジナルSIMカード -INTERNET Watch
image
この場合、音声通話ができなくなるので、auの既存のガラケーにMNPして、au宛の電話着信は着信転送でスマホの050サービスに転送する運用になります。


なお、ここまでの運用をしなくても、メインのスマホでのテザリングとは別に、SIMロック解除のスマホ(Nexus4)やタブレット(Nexus7 WiFiモデル)などをWiFiサービスに接続したいときに活用できると思います。




以上、参考になれば幸いです。

2013年9月14日土曜日

No.013-スマホ通信費の節約②(WiFiの活用)

スマホ通信費の節約のポイントは、MNPを活用して初期費とランニングコストを抑えること、
それとパケット定額の料金をどうおさえるかだと思います。

以前、auのIS03を利用してきたときは、安いパケット定額(ダブル定額ライト 2100円/月)でも契約できたので、 SIMカードをガラケーにさして電話機として利用し、IS03は小型PCとして自宅や駅のwifiでのみ利用していました。
参照) 005-スマートフォンの運用費の節約(これまで)

残念ながら、今はLTEのパケットプランに入らないと、
毎月の端末割引の補助を受けられないので、 工夫のしようがありません。
ただ、docomoなら毎月のデータ量が7GBの制限だけでなく、1000円ほど安い3GBまでの
ライトプランも選べるので、 私はdocomoに乗り換えました。

普通の人なら3GBでも十分足りますし、わりと使っている人でもwifiを活用すれば
3GBに収まるのではないかと思います。(私は先月のデータ量は2GB以内に収まってました)



キャリア側もLTEの回線がパンクしないように、駅やコーヒーショップで
「①公衆無線LAN」を無料で利用できるようにしていますし、
auでは自宅用の「②wifiアクセスポイント」の無料貸出しをしています。


「①公衆無線LAN」はキャリアのもの以外にも、
bicカメラやヨドバシカメラで月額380円で契約できますし、
セブン-イレブン系列では無料でWiFiを利用できます。
Wi2 300 ビックカメラオリジナルプラン 定額380円で200,000ヶ所公衆無線LAN使い放題!
ヨドバシ.com-ワイヤレスゲート Wifi
セブンスポット|セブン-イレブン~近くて便利~

 
また、「②アクセスポイント」は3000円程で購入できて、自宅のルータにつなげば
簡単に利用できます。
旅行時にはアクセスポイントも持って行き、
旅先のホテルで部屋のインターネットのジャックにつなげば、
フロントの近くに行かなくても無線LANを利用することができます。





LTEに比べると若干速度が遅くなりますが、Wifiを上手に活用してみてください。
以上、参考になれば幸いです。


■次回の予定
24ヶ月間(2年間)は毎月の端末割引の補助によりランニングコストが抑えられるのですが、
25ヶ月目からはどう抑えるかを考えてみます。